私は絶対に納得しない

 

 

 

 

クソだ

なにもかも

無くなればいい

失ってしまえばいい

ならいっそ私自身が

無くなったなら

ことの重大さに

気付くかな

 

私の存在の大きさとか

そんなことが言いたいのではなく

つらさの感じ方は人それぞれって

ことに、みんな気がつかないのか

みんながみんな同じようにおなじ

壁を登り続けることはできないと

なぜ気がつかないのか

 

そういうところまじふぁっく

 

しね

 

 

 

 

歌上手くなりたいし

なんならもっと歌聞いてほしいし

そのためなら楽器も

弾けるようになりたい

 

こんなことを感じてるって

自分のフィルターを通した世界を

伝えたいから

文才だってほしい

同じく表現のためなら

絵だって描けるようになりたい

 

 

生きることなんかどうでもよかったのに

立ち直った途端に

叶えたいことが増える

(というよりこの欲が出ることこそが

立ち直りの現れ、

即ち 人間的な心なのかもしれない)

 

でも叶わないのもわかっている

やってみる前から諦めがついてまわる

 

なぜなら心に響く歌を歌う人や

素敵な音を奏でる人や

心を動かす文を書く人や

魂を揺さぶる絵を描く人を

たくさん知っているから

その人たちの生み出した物との距離を

感じては感動する傍ら悲しくなる

 

欲の力は罪深い

生きる力にもなれば

身を滅ぼす毒にもなる

 

こんなに切ないなら

なにも感じたくないと

振り出しに戻るわけにはいかないのに

副作用がまわるまわるまわる

 

この世のつらいこと

すべて遠ざけて生きていきたい

幸せだけに包まれていたい

裏切り駆け引き見栄

誰かを傷つけるそんなものは

必要ないから

純粋な気持ちで生きていたい

傷付きたくなんかない

薬をください

現実なんか見たくないよ

 

 

 

 

 

 

 

 

愛は名もなき日常の中に

 

 

笑ったり泣いたり怒ったり、

暑かったり寒かったり、

目まぐるしくてぶっ倒れそうで

誰かのことを

何かのことを

好きになったり嫌いになったり。

 

記念日でもない、名もなき日。

一年の大半がそんな毎日。

そんな日々でも確かに何かはある。

でもいつかそのほとんどを忘れてしまう。

 

忘れられなくなったこと、

忘れたくないこと、

記憶の点つなぎでおぼろげに

感情の形が見える。

点になれなかった君たちはどこへいくの。

 

しなきゃいけないことは沢山あって、

一つの出来事に、

一つの感情に、

とどまってはいられないから

口の中の食物を水で流し込むように

心の中の感情を流し込むけど、

流し込まれた君たちはどこへいくの。

 

名前を無くした者たちが、

ふと訪れた場所や

聞こえた音や

漂った匂いや

目に留めた文章、絵画をきっかけに、

思い出してと光り出したり

騒ぎ出したり痛み出したら

どうすればいいの。

 

 

一瞬暗闇で光った星たちも

広大な宇宙空間の中に

長らく存在していたとしたら、

 

心に刺さった一文は

無数の文字たちの上に

成り立っているとしたら、

 

思わぬところで受け取った愛情も

声にならなかった感情たちの

積み重ねで現れたとしたら、

 

 

名前のない世界へ旅立った

君に何ができるだろう 。

 

 

 

 

 

エロい方が良い世界

 

 

カルチャーショックと云う奴だ

 

エロい方が良い世界

エロいの万歳な世界

そんでみんなハッピーな世界

 

 

あるもんなんだね

 

 

きれいな絵を描く人たちを観察してると

そういう傾向。

恥ずかしくならないのかな、、

照れ臭くないのかな、、

 

 

恋愛の話をしようとするだけで

大ダメージを喰らうマンだから

尊敬する。

聞くぶんには全然構わないけど。

私に求められても何も話せませんよってなる。

何も話せないもん。

まあ絵が描ける人は話すだけじゃないもんね。

視覚で訴えかけることができる。

 

 

オープンな世界、素晴らしい。

そういう想像力や思考力で芸術は出来上がるのかもしれない。

オープンマインド。

 

 

 

 

「     」

 

いつか笑える日が来るのだろうか。

あのときの私は「        」だったよ。

そんな日が来るのだろうか。

 

自分の力だけでは

どうしようもなくなって

やっと診療を受けに行った。

やっと、と言うけれど

こんなもので診療を受けに行って

良いものか結構悩んでいた。

 

受けに行ってよかった。

漢方を処方してもらったので、

これで少しは良くなると信じたい。

もしこれでも難しければ、

別のお薬にしましょうとしてくれたし、

漢方飲んでいたら別のお薬が必要でも

少なくて済むかもしれないということだった。

 

これでも診療を受けて良かったんだと

思えて良かった。

連休で仕事から離れてるのが

大きいけれど、

なんか、少し、ほっとした。

元気になろう。 

 

 

 

 

 

休日

 

 

涙が止まらない

 

起きてから3時間ほど

ほぼずっと泣いている

 

携帯触っていると集中できる

落ち着いた気がする

 

割れた画面を直そうと外に出たけど

腹が立つほど晴れていて

特別したいことなど私には無い

 

画面を直すのはしたいことではない

 

駅まで5,6分の道のりすら

結局涙が止まらず

道行く人に無言で顔を覗き込まれた

 

泣いてたって地元じゃないし

関係ない人ばかりだから

何も躊躇わないけど

 

 

空腹をなんとかすれば治るかと

なんとか泣かずにカフェで注文して

泣きながらサンドイッチを食べた

 

 

何故私は生きているのだろう

 

味方になってくれる人を

傷付けてどうしたいんだろう

 

それでも私だって嫌なことはある

わかってほしいだけ

 

大丈夫?って大丈夫なわけはない

生きるのはつらい

正直もう終わりにしたい

 

それでも今

知り合いに声を掛けられたら

笑顔で大丈夫!って言うだろう

それは嘘ではない

その瞬間は嘘ではないけど

 

 

こんなことを考えていて、

泣けてくるものだから

なかなか紅茶が飲み干せない

 

もう少ししたら

携帯を直しに行こう

 

 

 

マスクが取れない人

 

 

二次元に恋してしまうかもしれない

 

 

 

 

え、

 

 

 

 

あんまりアニメやドラマも見ないけど

別に嫌いなわけではなく、

むしろ知ってる方が人生楽しそうとか

思ってるぐらいなんですが

なかなかのめり込めるきっかけもなく

ここまで来たわけで。

 

偶然知った 「それ」 に

俄然わくわくしてしまった。

 

結構奥が深い沼っぽかったので、

にわかだし 「それ」 の正体は

伏せておく。

 

 

ポルノのファンをなーがいことやってきて、

オタクだって言われても

むしろ誇りです、ありがとうと

心から嬉しくなっちゃうんだけど、

なんか二次元のファンになりかけるのって

ほぼ初めてなんで戸惑う。

 

 

ドラマが好き、音楽が好き、

これらは言うのなんの抵抗も無い。

しかし今回はなんか違う。

 

なんか恥ずかしい。

 

なんで?

 

「それ」はキャラクターへのときめきの次に

お話や世界感へのときめきだからかもしれない。

 

ミュージシャンであれば

音楽の次に人となりへのときめきであり、

ドラマであれば

お話の次にキャラクターへのときめきだったから。

 

キャラクターへのときめきがより

高い数値だから?

それって人を好きになるのに近くないですか?

 

そうなると恋愛だとか

そういう感情にものすごい包帯が

巻かれている私は

とにかく抵抗したい感情でいっぱい。

ハートに巻いた包帯をー!

 

なんというか風邪じゃないけど

マスクしてる人みたいな

そんな感じなわけで。

包帯の下がとてもお見せできない

グロい心なわけで。

 

認めたくない!

このマスクが無くなったら死ぬ。

包帯が取れたらみんな離れてしまう。

みたいな。

 

1年の364日ぐらいは取らないから

恥ずかしすぎてたまらないんですけど

あえて暴露します。

暴露療法。

強くなりたいんです。

いや、ときめきたいんです。

ときめきを公に出来るようになりたい。

ポルノは散々してるけども。

 

 

なんか最近、
もし今度誰かを好きになったら、
すごい勢いで好きになってしまいそうな
予感がすごい。

わかんないけど。

なんの根拠もないけど。
それがたまたま二次元に来たのかもしれない。

そこで終わっていいのかなと。

 

 

そこ?

ここ?

って、どこ?

ねえ

 

 

 

マスク取るの恥ずかしいんです、

ほんと助けてください

 

はあ