名もなき日

91ersの遠吠え

 

 

歌上手くなりたいし

なんならもっと歌聞いてほしいし

そのためなら楽器も

弾けるようになりたい

 

こんなことを感じてるって

自分のフィルターを通した世界を

伝えたいから

文才だってほしい

同じく表現のためなら

絵だって描けるようになりたい

 

 

生きることなんかどうでもよかったのに

立ち直った途端に

叶えたいことが増える

(というよりこの欲が出ることこそが

立ち直りの現れ、

即ち 人間的な心なのかもしれない)

 

でも叶わないのもわかっている

やってみる前から諦めがついてまわる

 

なぜなら心に響く歌を歌う人や

素敵な音を奏でる人や

心を動かす文を書く人や

魂を揺さぶる絵を描く人を

たくさん知っているから

その人たちの生み出した物との距離を

感じては感動する傍ら悲しくなる

 

欲の力は罪深い

生きる力にもなれば

身を滅ぼす毒にもなる

 

こんなに切ないなら

なにも感じたくないと

振り出しに戻るわけにはいかないのに

副作用がまわるまわるまわる

 

この世のつらいこと

すべて遠ざけて生きていきたい

幸せだけに包まれていたい

裏切り駆け引き見栄

誰かを傷つけるそんなものは

必要ないから

純粋な気持ちで生きていたい

傷付きたくなんかない

薬をください

現実なんか見たくないよ