名もなき日

91ersの遠吠え

ヨーカドーの社食

 

アリオだと無いけど、ヨーカドーには社食がある。(無いところもあると思うけど)

 

イオン系列も ららぽーとなども従業員休憩室はあれど、なかなか社員食堂があるところは無い。

手頃で温かくて美味しくて、おばちゃんも活気があって、なにより、最上階で見晴らしが良くて好きだった。

都会の街では無かったけど、青い空の下、果てしなく一軒家やマンションが立ち並んでいて、電車が走ってて、そこかしこに誰かの暮らしがあると思うと不思議な気持ちがした。

 

そこのヨーカドーには社会人二年目の6月から半年以上いた。

ヨーカドーの中のとあるテナントというのが正しいけど。

諸事情で人欠になり、店長(仮)として人員になりつつ、仕組みを立て直す必要なあり、私が行くことになった。

 

どう仕事をすべきかを身につけた貴重な半年間だった。

つらいこともたくさんあって最初の頃は家に帰っては疲弊しきっていた。

唯一の生きがいであるライブに行けなくなりそうになったり、すぐ辞めたけど足引っ張ってくる人がいたり、ほんとよく頑張ったなと思う。

その度に誰かに助けてもらってたおかげということを忘れずにいたい。

 

仕事中に泣くのはださいし、気を遣わせるのが嫌だから泣かないと決めていたけど、二回この店で泣いたことがある。

 

そのうちの一回。

とある女の子がパートで入ったものの、ちょいちょい遅刻してしまったり、動きが悪かったりで、今まで厳しく頑張ってきたベテランパートさんたちが怒ってしまった。

お互いに険悪になり、私も挟まれてしまった。

 

その子には遅刻したら事情を聞いて注意、動きが悪いのは私の教え方の問題だから、一緒について教えたりした。悪気は無くて、教えたら納得して実践してくれる子だった。

パートさんには今あの子も努力してるから、もう少し口調を抑えてあげてほしい、初めはみんな完璧にはできないと伝えながら、なんとか仕事を進めていたものの、食事が喉を通らなくなるレベルでストレスだった。

勝手にやってくれと何度願ったことだろう。

 

両者ともう一度しっかり話そうとしていた とある日の閉店間際のことだった。

店の電話が鳴ってアルバイトの学生の子が取ると、男が責任者を出せと言う。

えーと思いながら電話を取ると、女の子の彼氏だった。

 

うちの彼女が帰ってくると泣いている。

店長が怖いと言っている。

あなたのせいではないですか?

どういうことですか?

説明してください。

 

びっくりした。

私が怖い?

とりあえず彼に説明した。

 

まずは申し訳ありません。

事情として、遅刻してるんですよ、動きが遅いところがあるんですよ、で、ベテランの人が怒ってるんですよ。私からも注意してます。

たしかに口調が強いかもしれない。それも伝えていたところですが、そこは私の監督責任です。悲しませてしまっていることについては申し訳ありません。彼女がつらい思いをしないよう、私の方で注意します。

 

一気に話したら、じゃあ注意してくださいねと言われて電話が切れた。

こんなことがあったので注意しますと、とりあえず上司に報告した。

たぶんお前が口調強すぎるとは思えないから、誤解されてると思う。先輩を第三者として入れて面談させるから報告が欲しい。って返答だった気がする。

 

 

泣けてきた。

ボロボロ泣けてきた。

私は絶対に感情的に怒らないよう努力してきた。でも事実としてそう言われた。

嫌いな人がそうしていて、組織にとって悪影響そのものだったから。言うべきときは言わないといけないけど、この注意もダメなのか、そうか私のせいなのか。

どうしよう。もうこの仕事ムリだ。

そう思うと涙が止まらなかった。

 

とっくに閉店時間を過ぎていたので、蛍の光が流れる中、バイトの子たちがレジの精算をしていた。

泣いてるわけにもいかないので、精算に合流するものの、泣けてしょうがなかった。学生にびっくりされた。

 

翌々日のその子の出勤する日、お腹が痛くて仕方なかった。

でもその子は朝一、私の顔を見るなり、ごめんなさい!と頭を下げて謝ってきた。

 

泣いていたのは事実だった。彼氏に聞かれたから職場のことでと話したら、勝手に電話してしまっていた。店長が怖くて嫌だなんて話してなかった。ごめんなさい!と謝られた。

どこまで本当かわからないけど、嘘とも思えなかったので、私も注意するけど、お互い協力して仕事やろうねって言ってそれは終わった。

 

その後はその子も遅刻が減って、少しずつ動きもわかってきて、笑顔も見えるようになった。そうなると、ベテランさんも少しずつ納得してくれて、その子にもいろいろ教えてくれるようになった。

 

結局引っ越すことになったと言って、その子は辞めた。その子にはもっと向いてる職があったと思う。

お騒がせな子だったけど、元気でやってるかな。ハムスター飼うことにしたんです!って社食でご飯食べた後、笑顔で画像を見せてくれたことを今でも覚えてる。

 

なぜかヨーカドーの社食を思い出したので書いた。

みんな、元気かな。