名もなき日

91ersの遠吠え

女になれない、ならない、なりたくない

 

自分の気持ちを正直に書きます。

ここは自分のためのログだから。

 

男になりたいと最近思ってたけど

生まれたときから女で

そこに違和感はない。

身体と性別が合わないわけではない。

自分が生きてきて解釈した女の役割や

女の立場を背負うことに

全てではないがすごく違和感もある。

しかし自分の解釈した男の役割や

男の立場に自分がなるのかというと

同様に違和感がある。

 

あくまで自分の解釈だからこの先

変わることもあるだろうけど。

自分の解釈だからその解釈を変えれば

生きやすくもなるだろうけど。

20年以上積み上げ続けてしまった

世間の常識や固定概念の合わさりや

自分の思い込みがそれを作り上げているので

新しい解釈で自分という存在の役割や

立場を目指したいとふと思った。

 

うまく言葉にできない。

 

 

私の解釈した女の立場の一つに、

肉体的弱さを抱え、

男に抗えないというものがあった。

鍛えれば解決なんだけどさ。

今の自分は事実弱い。

 

精神的にも肉体的にも、嫌な物には

立ち向かえる強い人が

目指す者かもしれない。

鍛える一択だなと書けば書くほど思うわけだが。

 

武装でそれを克服したい人を

最近ネットでよく目にするんだ。

パターンとして、

いわゆるボーイッシュな格好をする他に

強い女の格好をするっていうのもある。

巻き髪、強めメイク、派手ネイル。

強そうな服装。

おかしな奴が近づかないように

強い格好をするっていうやつ。

威嚇。防衛。

 

自分はというと最近はその両方を

行ったり来たりで、

髪は一年前からショートで

でかい帽子にスキニーデニム、

ロング丈のコート、

休みのときはそこな赤ネイル

赤リップインパクトあるピアス、

ってかんじで、

かわいくてかっこよくて

強くなりたいっていうのが

近いかもしれない。

どこか中性的でもあって、

それでいて強くて優しい人。

 

たぶん異性としても魅力的だと思う対象を投影してる。

でもそんな人隣にいてくれないから自分がなる。

こんな人が隣にいてほしいって人になる。

 

あーあ、恨めしいほど自分は女なのだ。

結局。

どんな人間になりたいかという像と、

求められている性別の役割は

今日もどこかで被りながら

どこかで乖離している。

 

.

もしも女に求められる役割が男と

付き合って子供を残すことなのだとしたら。

無理だなと思う。

基本的に恋愛対象にされるのは

吐き気がする。恐怖である。

同じこと自分が言われたら傷付くと思うけど。

事実だし。

ここは好き勝手書くと決めたから書くんだよ。

まあ二次元や絶対に届かない三次元は別だけどな!

夢女って言うんだってね、上等だよ。

そんな感じです。

乖離だなんだ言っといて結局女なんだよ。

 

女とは、男とはこうあるべきを押し付けずに、

強くて優しくて賢くて

おしゃれな人であるために

何ができるだろう。

 

 

鍛える?

 

 

.