名もなき日

Amore é mistero!

"No one does it like you do"

 

 

退職した。

正式には有休消化中。

次の職は決まっていない。

突拍子も無い選択だったと言えば

そうだし、

2年考え続けてやっと

選択できたことだとも思う。

 

いきなり世間の連休と被ったので、

まだどこか仕事してない感覚が

薄くもあるけど、頭の中を整理するために

まるでまとまらない文を書く。

生きるってなんだろう。

私は何をしたいのだろう。

 

 

この休みの中で、

街ゆく人たち、

働きながら趣味を楽しむ人たち、

働くことを楽しむ人たち、

芸能を仕事にする人たち、

いろんな人が何を考えているか知りたくて、

活動を見たり、SNSを見たりしたけど

今まで見えなかった苦悩が

少し見えるようになった。

みんな一生懸命だ。

どうやって自分を売り込むか。

自分がしたいことをするか。

みんな真剣だ。

そういえば、自分を売り込むことが

四年前は本当に苦手だったなと

思い返したりもした。

 

ときには嫌なこともあるだろうけど、

自分のしたいこととすべきことを

バランスを取って、

すべきことをしたいことに

近付けながら進め続けることが

私にとっての生きる道なのだと思う。

 

やりたいことだけでは生きていけないとか

逃げるのかとかいろいろ言われたりもした。

私を思っての言葉だとも思うし、

その通りだとも思うし、

そんなのやってみなきゃ

わからないじゃないかとも思うし、

痛みに耐えられる度合いは人によって

違うんだから今は逃げさせてくれとか、

いろいろ思った。

2年間考えて決めた。

きっとやりたいこととやるべきことは

もっと近付けられると。

 

 

意を決して飛び出したけど

やりたいこととすべきことが

なかなか結びつかない。

叶わないことかもと諦めかけている。

諦めたくなくて、辞めたのに。

でも、本当に叶えたいことは

ベクトルを少し変えたり、

時間が経てば叶ったりするものだと

生きてきてわかったから、

絶対に諦めないようにする。

 

 

決して走った道は無駄じゃない。

私にとって大きな価値のある道だった。

今まで見たことがない道だった。

楽しいこともたくさんあった。

苦しいこともたくさんあった。

見つけたものもたくさんあった。

それでも進みたい道と

敷いてもらった道の開きが大きくなって

これ以上は走らないと決めた。

 

中学校を出て、みんなが進むように
高校に行き、まわりの大方が進むように
大学に行き、なんとなく納得いかないまま
まわりがそうするように就活をし、
今まで感じたことがないぐらい
身体が前のめりになりながら
風をきって四年間走った。
そんな感じだった。
一生懸命走っていれば、
忙しさに精一杯になっていれば、
その道を愛せるかなと、
言い方を悪くすれば
やりたかったことを諦められるかなと
思っていた。

 

ほんとはずっとずっと前から

何かが違うと思ってた。

高校を出るときには気付いてた。

心の中にあった行きたい道を
見て見ぬ振りしてきたけど限界だった。

それでも、ここに至るまでに来た道には

何一つ後悔はない。

 

叶わないと諦めてたから

多くの人が行く方向を探して

まわりを横目で見ながら生きてきた。

今、自分の走る道が

自分の周りの大多数と外れたとき

不安や焦りとともに少しの希望と

自由に生きている実感が湧いている。

 

 

みんな思ったより

道無き道を歩いているんだなと

やっと気が付けた気がした。